美術鑑賞の必需品 Vixen 単眼鏡 アートスコープ H4×12

2017.07.16
岡田時計店


単眼鏡が広げる美術鑑賞の世界

美術鑑賞をより楽しむために欠かせないアイテム。それが単眼鏡です。 単眼鏡で美術作品を鑑賞する最大のメリットは、絵画や工芸の精緻な表現を拡大して見ることができること。肉眼では見えない美術品の細部に宿る美しさを堪能できます。

こんなくだりで、ビクセンのHPには単眼鏡の紹介が載っています

https://www.vixen.co.jp/lp/monocle/index.html

いい年になってくると、なぜか美術の良さに再認識!!特に、最近のヒットは京都国立近代美術館で開催されている「ヴァンクリフ展」が良かったです!さすがに、何億というハイジュエリーのコレクションなので、細部を見たい!と思い双眼鏡を持参しました。

しかしながら、双眼鏡だと焦点距離が遠いことが判明!大体、1メートルは必要です。そして意外に両目で拡大して細部を見ると目が疲れる!

なんか、良い方法がないかなと?探してみたところ、美術鑑賞には単眼鏡が適切なことが判明!

それで、このVixen 単眼鏡 アートスコープ H4×12が登場です。

渋いレッドカラーの可愛いケース付き!実は、単眼鏡で同じモデルの黒もあるのですが(こちらのほうが若干価格が安い!)、

このVixen 単眼鏡 アートスコープ H4×12は、美術鑑賞専用モデルなのです。

ちょっと可愛いセミハードケースがついているのですが、この中にパコッと入ります、なので傷ついたりすることが少ないです。

美術鑑賞するときに、いちいち出すのも面倒ですよね!このVixen 単眼鏡 アートスコープ H4×12はストラップ付きで首から掛けることが出来ます。

そして、このセミハードケースをそのままストラップに通せるので、そこがまた使い勝手が良い!!

また、眼鏡をかけたままでも、使えるそうです。早速、美術館に持っていって検証したいと思います。

倍率は、4倍の商品と6倍の商品があります。

Vixen 単眼鏡 アートスコープ H4×12 は11.070円

Vixen 単眼鏡 アートスコープ H6×16 は13.770円です。

 

上の商品が、6倍の方で少し長いです。くるくると伸ばした状態で9.5センチ、短くした状態で7.5センチです。