2018年国際宝飾展 レアストーンの仕入れ!

2018.01.28
OKADA本店


今年も国際宝飾展に行ってきました!毎年、年初の恒例のジュエリーの祭典です!

国内外から何百社という出店メーカーがあり、日本で最大の展示会です。

去年は、旧正月と重なって中国人バイヤーの数が少なかったのですが、

今年は中国パワー復活ですね!去年よりも全然人が多いようです。

まずは快晴の下、高松空港から羽田へ!途中富士山がきれいでした!

富士山が見えると、すごく得した気分!仕入れのパワーをもらいました!そして目指すは、お台場!

今年の目的は、レアストーンを探すこと!この国際宝飾展は、海外の業者が多数出展されていて毎年、

一年に一回会う業者さんも多数います。その中でも、タイ、スリランカの業者は変わった宝石を

持っていて、国内業者よりいち早く新しいレアストーンを見せてくれます。

館内は、こんな感じです!みんな真剣に商品を物色中!

僕は、レアストーンをうまくゲットできました!

個人的にハマっているのが「グランディディエライト」です。

このレアストーンとは

美しい事/色が美しい事、透明度がある事

耐久性を持つ事/硬度がある事

希少性がある事/産出量が少なく、入手が困難である事

この3つの要素が必要ですが、特にグランディディエライトはスリランカ、ナミビア、

マダガスカルなど世界の数カ所でしか発見されていない鉱物です。

青みがかった緑色が特徴の鉱物で、中でも宝石と呼べる品質のものはマダガスカルでしか

発見されず数が少ないため希少な鉱物として扱われています。

一説には、今まで全世界で産出量が200カラットだったそうです。

どうも、一昨年くらいからマダガスカルで新しい鉱山が発見されたのかタイの業者が持っていました。

値段交渉もして、テリの良い透明度の高い石を仕入れました。

多分、普通の宝石屋さんでは展示されていることはますありません!!

ぜひ、実物を御覧ください。

まだまだ、地球は神秘で奥深くわからないことや新しいことはあるんですね!!

そしてもう一つは「スフェーン」です。これも最近のレアストーンです。

スフェーンは、チタン石ともいい組成にチタンを含むケイ酸塩鉱物です。ダイヤモンドと同等の

煌き度があり実物を見ると「ギラギラ」がそのままの宝石です。

色としてはイエロー系とグリーン系があり、グリーン系が珍しいです。

前回の国際宝飾展は、結構見かけましたが今回は殆どなし!!

聞いてみると極端に入荷量がないそうです。

その中で、やっとグリーン系のスフェーンを見つけました。こちらも、なかなかのオススメです。

あと、グリーンガーネットのきれいどころ「ツァボライト」やもちろんピジョンブラッドルビーや

ロイヤルブルーサファイアなど食欲をくすぶる色石を見つけました。

少し個人的趣味の色合いが濃いですが、

ご興味のあるお客様がいらっしゃったら、ぜひ御来店ください。

お待ち申し上げております!!!