久々の中華街! 萬珍樓

2018.02.11
OKADA本店


前回の国際宝飾展の時に、久しぶりに横浜中華街へ!

久しぶりのグルメネタです!たまには、良いですよね!

中華街には、何百というお店がありますが、その中でどこに行くか?が難しい!

近くに住んでれば、「まあいいか」と行けるのですが四国から行くので「失敗はしたくない!」ですよね!

ネットで調べて、食べログで調べて「萬珍樓」へ決定です!

中華料理では、珍しく化学調味料を使わず味付けをして素材も吟味されている老舗のレストランです。

さすが、店構えは立派!期待がそそります。

受付も旧正月になってました

今回は、人数が6人だったので個室を用意してくれました。

前菜は、僕の大好きなピータンから

がちょうの卵の燻製ですが、多少癖はありますが、そこがいい!萬珍樓のピータンはくさみもなく美味しかった!

つぎに、クラゲの前菜!コリコリ感がたまりません!多分、フグなどと同じで無味に近い本来の素材なので醤油やラー油、お酢など

と相性がよく、食感は最高なのであっさりとしてすごく食べやすいのだと思います。大きめのクラゲは、老舗レストランならでは

ですね!

今回は、中華コースでオーダーしました。

冬瓜のフカヒレスープは、優しい味付けです!

エビチリは、中華の定番!萬珍樓の味付けはそんなに辛くもなく全体的にマイルドな味付けです。大きなエビのプリプリ感が

たまりません。

こちらは、白身魚とアスパラの香り炒め、アスパラのシャキシャキ感も楽しめる一品でした。

これは、大山鶏のオレンジソース、ちょっと洋風の味付けです。最後のご飯のガツンとくる味の助走みたいなもので

酸っぱめの味で美味しく鶏をいただきました。そして締めのご飯が、濃い醤油味でちょうどよい感じでした

鴨肉のピリ辛あんかけご飯です。旧正月の雰囲気も味わい、満足な萬珍樓でした!!