タヒチパールのネックレス、お洒落にしたいよね!

2018.04.08
OKADA本店


少し話としては古いですが、東京都知事の小池さんのファッションがクローズアップされていました

よね!

その時に、結構な頻度で身に着けていらっしゃったのが、南洋黒パール(タヒチパール)のネックレス

です。

スーツをバシッと着こなし、胸元には黒のパールの連のネックレスがキラリ!!

我々も、黒のパールネックレスと言えば冠婚葬祭、特に喪の時に主役になるネックレスとしてお薦めが

多いです。

こんな感じで、プレーンなタヒチパールネックレスですよね。実際、小池都知事もこれをそのままスーツに

合わせる出で立ちでした。

ところが先日お客さまが御来店されて、もっとお洒落にタヒチパールネックレスを楽しみたいとのこと!!

しかも、冠婚葬祭にも使えて、お洒落も使える!そんなタヒチネックレスをお知り合いがつけていたと

いうことでした。

いろいろ、ご相談させていただいて!!ありました!両方使えるデザインにする方法が!!

それが、パールネックレスのクラスプ金具「マグピタ」です!

商品はこちら!今回お探しさせていただいてたどり着いた、タヒチパールネックレスにふさわしいマグピタの

デザインです。

黒蝶貝のお花とシルバーのお花のデザインでおとなカワイイ感じですね。

どういう風に着けるかといいますと

パカっと、クラスプ部分が開きます。そしてその部分は磁石(マグネット)でピタっと引っつくのでマグピタです!!

(単純!)

そして、そこに反対側のパールをピタッと着けるとネックレスとなるのです。

ということは、この部分の金具をデザインとして前で見せれば、お洒落なタヒチパールのデザインネックレス!

完全に後ろに廻せば、マグピタは見えないので、普通のタヒチパールネックレスとして使えます。

デザインネックレスとして使う場合は

真ん中に持って来れば、ワイチェーンとしてのタヒチパールネックレス

横に持ってくれば、アクセントのあるデザインネックレスとなります。

通常に使う場合は

こんな感じ!!後ろから見ても金具がおしゃれに見えるかもしれませんね!!

通常のタヒチパールネックレスは、グラデーションがかかってまして大小がはっきりしているのですが、今回はうしろ、

まえでいろいろと使うので、小さな大きさのパールを7粒ほど交換して、グラデーションを少し抑え気味にしました。

全部ストレートの同じ大きさのネックレスにすると、もともとタヒチパールは大きさが大きいのでボリュームが

大きくなりすぎます。

そこで、首元をほっそり見せるためにグラデーションをつけているのです。

今回はお客さまのご要望に、うまく合わせることができ、我ながら良い作品が出来たと自画自賛しています!!

いつも、こんな風にお客さまのご提案ご要望を、ピッタリと具現化させてお客様の笑顔を

ご褒美として見たいものです!!