金毘羅宮例大祭

2009.10.11
OKADA本店


毎年、10月10日は通称「お十日」といって香川県琴平町にある金毘羅宮の例大祭が行われます。
お祭りなのですが、由緒あるお祭りなので土日の開催ではなく必ず10月10日と11日に行われます。
金毘羅宮はご存知のとおり、海の神様で像頭山一体がお宮となっているとても大きな神社です。
たぶん規模では、日本で一番大きいような気がします。
本宮までの階段は785段、ゆっくり上がって約40分くらいかな[exclamation]
その本宮にあるご神体を、年に一回ふもとにある神事場に移します。これが例大祭なのです。
お神輿は、きらびやかな塗りと金の飾りに彩られたものです。
毎年、そのありがたいお神輿をかつがさせていただいてます。
今年は、少しペースも早く夜12時ごろには神事場に到着しました。
また、お神輿を担ぐ強力衆は200人ほどいますので、いつも前を取るために争奪戦が繰り広げられます。
今年は、我々のグループは左前を奪取[exclamation×2]
ことしも、琴平宮のお神輿を担げて厄が落とせました[わーい(嬉しい顔)]
image.jpg
本宮のこの中で、ご神体をお神輿に移します。もちろん、誰も見ることはできません。
image.jpg
3時間前から、待機[exclamation]今年は、いつになく気合が入ってました[exclamation]