瀬戸内国際芸術祭2016 まとめ4

2016.11.13
OKADA本店


この11月で瀬戸芸も終わりましたが、最後に女木島、男木島に行きました。

ほんと、瀬戸芸の素晴らしいところは芸術の鑑賞もありますが、瀬戸内海の島々を

船で訪ねることにあります!僕自信も女木島に行くのは40年ぶりくらいです!

男木島に至っては、行ったことなし!!こうやって、島々を訪れるたびに近くにある

素晴らしい場所の新発見、再発見です!!次回は、全島制覇したいと思うくらいでした!

img084

まずは、高松から近い方の女木島に到着!鬼ヶ島の別名で知られ、山頂に大洞窟があります!

img083

時間を有効に使うなら、フェリーの時間に合わせたバスでまずは山頂大洞窟に行き、約30分後の帰りのバスに

乗って、港に返ってくるのがベストでしょう!

dsc_0742

こんな、素晴らしいオールドバスで一車線ギリギリの道を疾走します!

大洞窟は「カオスラウンジ」と「オニノコプロダクション」の作品となってました!

dsc_0743

dsc_0744

一つ一つ違う顔の鬼瓦が何千と山頂付近に展示してました!

おもったよりも、ほんとに広い!!鬼が鎮座しています!

dsc_0745

この日は、秋晴れの天気で山頂から見える瀬戸内の風景!素晴らしい!!

最近、しまなみ海道の瀬戸内海の風景がクローズアップしてますが、断然、備讃瀬戸の風景のほうが

きれいだと思います。内海の良さがわかりやすい!

dsc_0746

そして、港地区に帰ってきました!

img081

お昼ごはんも、瀬戸芸のオリジナル料理にありつけました!

dsc_0748

瀬戸内のサワラ、秋野菜、イノシシ、オリーブ牛を使い旨い!

瀬戸前鮨と銘打った、炙りさわらにすだちをかけるとベストマッチ!

オリーブ牛の昆布締めは、海と山の融合です!酢飯も甘くなくルアさん、お見事でした!

女木島のメインは大竹伸朗の女根!

dsc_0758

 

dsc_0754

dsc_0757

小学校を使った現代アート!インパクトあり!すごい! チョット難解!

それよりは、依田洋一朗の女木島名画座が良かったな!

島にこんな名画座あったらいいですよね!

dsc_0753

受付で判子押してもらいます!

dsc_0752

倉庫の中に入ると、そこは映画館!

dsc_0750

モンローもチャップリンもいます。階段で2階に

dsc_0751

そこには、古き良き時代に本当にあったような小さな名画座!今日はチャップリンを上映していました!

dsc_0749

 

不思議なノスタルジックを感じさせる作品です。このまま、この島の唯一の映画館として残してほしいですね!

瀬戸芸の会期中は船旅プラス映画鑑賞のツアーがあったそうです!

余韻に浸りながら、男木島を目指します!

dsc_0759