知ってるようで知らないパールネックレスの選び方!あこや真珠のチェックポイント

2019.03.18
OKADA本店


真珠ネックレスは、
てり、まき、色、大きさ、かたち、キズの
6つのチェックポイントで選びます

1 【てり】
真珠の光沢や輝きのこと。てりの良さは、真珠をジ~と見た時真ん中に輝きの粒が見えます。

その粒がシャープであればあるほど良いてりだと言えます。

2 【まき】
真珠層の厚さのこと。

まきが良い真珠は、真珠全体の色が深く見えます。

3 【色】
真珠の「色」のこと。ピンク系から白系まであります。肌映りもあるので、実際着けてみて似合う色を探しましょう。

4 【大きさ】

真珠のサイズのこと。
0.5mm単位で表示します。
大きくなるほど評価は高いです。一般的には7,5~8.0mmのサイズが人気があります。

5 【かたち】
真円の真珠のかたちは「ラウンド」と呼ばれ、
真円になると評価が高いです。
6 【キズ】
真珠の表面についたキズのこと。日本の真珠養殖の技術は素晴らしいのでほとんどキズのない真珠ばかりですが、逆に小さなキズはエクボと言って天然の証でもあります。

 

もちろん、6つのポイントすべてが良ければ最高の品質となりますが

それだけお値段も高くなります。

やはり、お店で実際に手にとって私共とお話しながら、ご予算と重要視する点などをお聞きしてバランスの良い商品をご提案できればと思います。

やっぱり、一生モノとして長く使うものなので品質を重視するのが良いと思います。

真珠は、どの真珠も世界で一つだけのもの、一つ一つに物語があるのです。ぜひ店頭で実感してください。