お母さまからのお譲りの指輪のリフォームで今のデザインに生まれ変わりまし

2019.04.29
OKADA本店


お二人でブライダルで見えられたお客様

とてもすてきな美男美女でとってもお似合いのお二人。照れ屋でお顔のお写真を

載せられないのが残念です(*^^*)

お母さまの指輪はとても綺麗でしかも大きいんです。0,5ct以上ある指輪は

この頃多い0,3ctの指輪の空枠には収まりきりません(;’∀’)

当店も0,2ct 0,3ctの枠はたくさんご用意してあるのですが0,5ctとなると

対応枠もなく。。

色々と考えあぐねて当店の無理なお願いをいつも快く受けてくれて、しかも

すごく綺麗に作ってくれる県外の職人さんに仕事を託すことにしました

0,3ctでお客様が気に入られた枠を職人さんに送り同じデザインで0,5ct用に

作ってくださいと言ってることは簡単ですが実際これかなり難しい仕事になります

時間も通常よりかなりかかるのでお客様の了解のもと作りに入らせていただきました

元々の枠はダイヤは外した後ですがこんな感じでした

どうですか。爪はダイヤを覆い尽くすような立派な立て爪!!

お母さまの頃にはこのデザインが王道中の王道でした。高さもありダイヤの存在感もしっかりと

ありました

そしてそしてこれがリフォーム後、変身した指輪

どうですか!すごく素敵にできました!お客様にはかなり長いことお待ちいただきました

が高さも職人さんにお願いして極力低くして脇のメレダイヤとの一体感を損なわないように

バランスを考えながら作ってもらいました

出来上りは0,5ctということもあり最初に見ていた0,3ctよりもとっても綺麗でした

あまりにも綺麗にできたのでお客様にも掲載の許可をいただきお写真頂きました

とても指の細いかたでしたが違和感もなくダイヤの大きさの割にしっくりと

手に合っているのも職人技ですね

 

指輪のリフォームでお母さまから娘へと受け継がれていく。ジュエリーの歴史あるヨーロッパでは

良いものを代々受け継いでいくのが当たり前なのですがジュエリーの歴史がまだ浅い

日本ではまだまだ浸透していません

良いものを買って次の世代へ形を変えて受け継がれていくってロマンもあるし

指輪そのものにも特別な想いもできて。そこに携わることが出来た私たちは

感謝の気持ちで一杯なのでした

お2人のすごくうれしそうな顔を見ていて幸せのお手伝いができてちょっぴり

その幸せを分けてもらったような自己満足な私!でした(^^♪