瀬戸内芸術祭2019 直島編その1

2019.05.13
OKADA本店


今年は、3年に1回の瀬戸内芸術祭です!

芸術祭は、瀬戸内の島々に現代アートの作品を展示して島旅を楽しみながら、アートも楽しめる素敵なフェステイバルです。

前回は、小豆島、男木島、女木島、沙弥島、本島を巡りました。

会期は春会期、夏会期、秋会期に分かれています。まずは春会期で直島に行ってきました。

ここは、現代アートの聖地なのです。ベネッセが美術館とホテルを建設して島おこしをはじめたのが瀬戸芸の始りです。

直島に行くと、ベネッセの素晴らしさが体感できますよ!

まずは、高松港から直島、宮之浦港へフェリーで約50分のプチ船旅です!船内は、改装されてすごくモダンな内装になってました。

天気もどピーカン!!気持ちいい!!の一言!!

瀬戸内の絶景です!穏やかな海に島々が浮いているようです!この地域に住んでいると、この風景が当たり前なのですが世界的にも珍しいくらいの

風景美だそうです!確かに!!

宮之浦港に到着です!

少し瀬戸内芸術祭の解説をいたします。

直島は、宮之浦と本村とベネッセハウスの3地区が瀬戸芸の会場となっています。

宇野港からと高松港からの船は、宮浦港が中心となります。

宮浦港には、観光案内所があり、ここでバスの時間、会場の混み具合、お土産も網羅しています。

島内は、バスが頻繁に出てますので活用すれば十分移動できます。またレンタサイクルがありますが、坂もありますので借りるなら

電動自転車がおすすめかな?個人的にはバスの時刻表をにらめっこしながら、直島を巡るのが良いと思います。

見るべきところはいっぱいありますので、日帰りでは見切れません!!2日欲しいかな!

直島に一泊して2日間の日程で島を巡れば理想的ですね!

直島のメインは地中美術館と家プロジェクトです。

現在、地中美術館はネットで予約制となっています。空いてれば、入れますが先にネット予約したほうが断然良いです。

ここで時間をロスすると、特に日帰りの場合はきついですね!

家プロジェクトの南寺も、基本入場制限がかかりますので

1 ネットで地中美術館を予約する。

2 まずは宮浦から本村に行って南寺の整理券をゲットする

3 この2つを軸にスケジュールを立てる。

時間的には、先に本村の家プロジェクト(南寺を含む)を見て午後ゆっくりの時間で地中美術館を予約して行くのがベストだと思います。