立て爪の指輪からプチネックレスへリフォーム

2019.09.28
OKADA本店


リフォームのお客様急増中

皆様困ってどうしてよいかわからなくて何十年も持ち続けていた立て爪の指輪

お友達が当店でリフォームされたネッツクレスを見てリフォームを

思いたちご来店頂きました

本当に皆さまおそろいのようながっしりとした立て爪の指輪。

何十年か前はこれが主流で人気があったんだなあと歴史を感じてしまいます

今は大きく見せたりして爪を張り出すよりは、いかに使い易く邪魔にならないかが

一番大事なように思います

今回のお客様はプラチナでダイヤを覆うフクリンというデザインにされたいようです

しかもなかなか気に入ったフクリンのデザインがなくて当店にたまたまあった

ネックレスと同じようなものにされたいとのことでした

とりあえず当店の商品を加工職人に送って似たような枠がないか

探してもらうことになりました

お客様がリフォームされたいとご希望されて当店のプチネックレスです

かなりすっきりとした枠ですね

お持ちになられた指輪はかなり爪が立派です。確かにつけないのはよーくわかります

そして出来上ったネックレスがこちら

通常のフクリンよりは横がかなり薄めのデザインとなっていて後ろも光が入るようになっています

こちらのお客様は0,53ctありましたので存在感もばっちりありながらのすっきりしたフクリンで

喜んで持って帰られました

指輪はなかなかする機会のない方でもプチネックレスにすることで出番が増えてタンスの肥やしだった

ダイヤモンドも生き返りますね

シンプルなデザインはえり好みもなくどなたでもお使いいただけるのでお譲りにも

ぴったり。今回は枠を探すことから始まりましたので枠のお値段、加工費の金額をお伝えしてからの

リフォームとなりました

お見積りや枠探しで通常よりはお時間がかかりますがお客様が納得されて

安心してリフォームしていただけるのが一番です

できるだけお客様の意に沿うように勧めて行きますので迷われて

いる方は是非お気軽にご来店ください