瀬戸内国際芸術祭2013 その 1

2013.10.27
OKADA本店


瀬戸内国際芸術祭2013は、この秋、塩飽諸島 本島でも開催されました!

今までは、直島を中心とした高松沖の島々が開催地でしたが、初めて西の方にも会場が出来たのです。

いつもは、丸亀から本島に渡るフェリーは閑散としていますが、この開催中はすごい熱気です[exclamation×2]

image-20131027203703.png

 

船内だけではなく、フェリーの甲板にも人が溢れていました[exclamation]

image-20131027203719.png

 行った日は天気も良く、のんびりと30分の船旅を楽しみました。

改めて、見ると瀬戸内海良いところですね[わーい(嬉しい顔)]

image-20131027203749.png

image-20131027203806.png
本島の港は、泊港です。今は、本島の人口は400人ほどらしいです。

この界隈は、狭い海域に多くの島が点在し、潮が複雑に流れぶつかり合い、まるで

「潮が湧く」ように見えることから塩飽と呼ばれました。

この塩飽諸島の中心地が本島で「塩飽水軍」の本拠地で、秀吉公が朱印状を送り

自治権を認めたのは有名な話です。 

そんな栄華は、島のいたるところに点在してますが、港はのどかそのものです[わーい(嬉しい顔)] 

では、上陸!! 

image-20131027203820.png


香川県 ブログランキングへ ぽちっと押してください!ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]