ダイヤモンドリングをペンダントにジュエリーリフォームしました!

2020.02.17
OKADA本店


今回のジュエリーリフォームは、リングデザインをそのまま使ってのジュエリーリフォームです!

通常、弊店で行うダイヤモンドリングからダイヤモンドプチネックにジュエリーリフォームする場合、

センターのダイヤモンドを外して、新たなシンプル立て爪や一点留めの枠に乗せ換える方法が主流です。

今回は、お持ち込みのダイヤモンドリング(こちらのリングも、以前ご主人さまに頂いたご婚約リング

と思われます)のデザインがとてもきれいなので、思い出の品物を活用しながらデザインプチネックに

するという手法を取ることにしました!

こちらの指輪を、下の写真のように分解します。

後は、バランスを考えながらネックレスの取付口を加工して完成です!

きれいな素敵なダイヤモンドプチネックレスに返信です!残りの指輪を地金買取させていただきますと、料金はほとんどかかりません!!

画期的なジュエリーリフォーム方法です!

この加工が、簡単にできるようになってのも技術の革新がもたらしたものです!

レーザーによる加工が可能になったため、簡単に切断、ロー付けなどができるようになりました。

以前の技術ならば火を使うのでダイヤモンドを外してからの加工だったのが、ダイヤモンドを外さず加工ができるようになったので

こういうリフォームが可能となりました。

お客様が思っているほど高額ではなく、ジュエリーリフォームは可能です。

ぜひ、お気軽にご来店ください。もちろん見積もりは、無料です。

弊店では、お客様といっぱいお話をさせていただき、そのお品物の特性、お客様のご予算、弊店からのお見立てによるご提案など

いろいろな角度から、ジュエリーリフォーム方法を考えてベストなジュエリーリフォームをご提案いたします。

もちろん、ご納得の上でのリフォームですので、皆様何回かご来店いただいてからオーダーしていただいております。

皆様のお越しをお待ち申し上げております。