おばあさまの大事にされていた指輪をペンダントにリフォーム

2020.10.09
OKADA本店


ここ2、3日寒いですね

色々と体温上げるためにしてみて体内温度が上がったと喜んでいたのに

寒くなってきたらス~ッと体温が下がり、なんだいつも通りだと

がっくりのわたし。。。

昨日も雨が降り冷たい中リフォームを取りにきてくれました

亡くなられたおばあちゃまの遺品で指輪はだれもしないのでペンダントに

なおされたいとのご相談でした

 

レトロな指輪ですごく素敵ですね

ましてやおばあちゃまがつけられていたとなるとまるっきり形を変えるのは想い出が消えてしまいそうで

それに最初から枠を作るとなるとすごく大きな宝石なので枠代だけでもびっくりする価格になってしまいます

ということでサイドの腕を落としてバチカンをつけるというリフォームをご提案させていただきました

昔のお品は爪留めなどもすごく手をかけています

後ろもすっきりしました

こちらもおしゃれな爪留めです

全体に磨きもかけてピッカピカ☆彡ですね

 

流行は繰り返すではありませんが今まさに宝石だけでダイヤをつけないシンプルな枠が流行っています

爪も元々2本、3本の爪で一か所を留めたりしているのですごくモダンでおしゃれです

昭和レトロを感じるけど今風にも感じられませんか

金のネックレスに通すのはもちろん王道ですが、これからの季節ベルベットやレザーに通すと

秋らしさが一気に出ますね

こちらのお客様よく知っている人なのですが、すごくいいことがあるんです!(^^)!

そんな時にリフォームのお手伝いができて私もすごくうれしいです

普段からすごく素敵な方なのでこのネックレスつけてきてご来店していただけるのを

楽しみにしています(≧▽≦)