1月のバースデーストーン ガーネット

2021.01.19
OKADA本店


1月のお誕生石のガーネット

その歴史は5千年以上も前にさかのぼることになります

ザクロの種にも似た赤さはラテン語で種を意味するグラタナスが由来とされています

ガーネットは信仰、真実、光のシンボルともいわれています

ヨーロッパでは王族がこぞって身につけていました

アンティークのジュエリーを見るとガーネットが多いんです

マリーアントワネットがネックレスとしてつけていたり。あの時代の

王妃、皇女の胸元を着飾っていたのかと思うと遥か彼方昔の王朝大好きな私は

ロマンを感じずにはいれません😍😍

そんなガーネットですが実はとてもたくさんの種類があり色もたーくさんあります

一番有名なのがパイロープガーネット。中世のころにはルビーと思われていた宝石が

実はガーネットだったりということがあったようですよ

アンティークの様ですがこちらはアンティーク風なデザインの指輪です

こちらの色はパイロープガーネット。オパールとの組み合わせがとてもおしゃれです

 

今現在よく見かけるのはロードライトガーネット。紫がかったような赤のような落ち着いた

色合いは誰にでも似合う素敵なジュエリーです。👇の指輪がロードライトガーネット。少しやさしい

ソフトな色あいになります

そして最近人気なのがデマントイドガーネット、グリーンガーネット

デマントイドはドイツ語でダイヤのようなという意味があります。その名の通り光沢が

ダイヤモンドのようなのですがファイヤーと呼ばれる分散光がダイヤよりも強くて

虹色の輝きを持つこの宝石はコレクターにはたまらない宝石の一つです!

ロシアで産出されロマノフ王朝がご愛用されてました😍!

ロマノフ王朝が途絶えるとともにデマントイドは幻の宝石となったんですが

2000年代に入り再び採掘され日の目を見ることになりました

 

そしてもう一つグリーンガーネット。別名ツボライト

目の覚めるようなグリーンは発見されてからまだ40年という新しい宝石です

エメラルドとはまた違うグリーンは自称グリーンとブルーが大好きな私も惹きつけられる宝石の一つです

こんな感じでガーネットはたくさんの色があります

まだまだご紹介できていないガーネットたくさんあります

1月のガーネットは地味だからいまいちなんて思ってらっしゃるあなた

そんなことはないんですよ

すてきな色がたくさんあります

またの機会にほかのガーネットもご紹介しますね

今日もなんとなく寒いです。今年はコロナが蔓延してますがインフルエンザが

不思議なくらいなりを潜めていますね

マスク生活でマスクの中のお肌も荒れたり唇もかさかさしたり。。

ろくなもんじゃあないです。早く普通の生活に戻って

お出かけしたり、ごはんに行ける日が来るのを祈るばかりです😢